FC2ブログ

初めての解剖生理学



               学習レポート 解剖生理学第1講消化器系


                                  平成31年4月29日
                                    辻  愛

    今回は初めて解剖生理学のレッスンを受けました。
  今まで全く触れたことのない分野で正直ドキドキしました。
  IFPAのドアを叩いて入ったものの、まだ一か月しかたっていませんが、
  現役のドクターから解剖生理学を学べる機会はとても貴重な経験だと思い、
  早めに受講することにしました。

    学習した内容は、「消化と吸収」、「消化器系の器官」、「栄養と代謝」の三つでした。
  私たちの生命活動の中で消化器系の役割は、外から体内に取り入れた食べ物から、
  必要な栄養素を消化吸収して、不必要な食物残渣を体外に排泄することです。
  この一連の生命活動を司る消化器系統の器官は、口腔、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、
  肝臓、胆嚢、膵臓、腹膜の10個の器官です。

    私たちが毎日食事で取り入れる食べ物が様々な消化器官により、消化・吸収され、
  食物残渣として排泄されるまでの過程をそれぞれの器官の役割を
  中心に述べていきます。

    まず私たちが口から体内に取り入れた食べ物は、口腔内の歯と舌で咀嚼され、
  唾液と混ぜ合わされ、飲み込みやすい食塊となって、飲み下され、咽頭、
  食道を通過して、胃へと達します。
  この一連の働きで大きな役割を果たしているのが唾液です。
  普段私たちが一日に分泌する唾液はおよそ1,000~1,500mlです。
  しかし、人間は年をとると唾液の分泌が少なくなり、近年、高齢化が進み誤嚥性肺炎で
  亡くなる人の数は30年前と比べると100倍にも登ります。
  誤嚥性肺炎を防ぐためには、食事をとる前に、耳の下と顎辺りをマッサージする
  ことによって唾液の分泌を促進させると効果があると先生から教わり、
  さっそく義母に実践してもらっています。
 
  食べた物はその後胃に入って胃液と蠕動の働きでかゆ状になり、
  小腸に送り込まれやすいようになります。
  食物のうちで最も胃の中に滞在時間が長いのが脂質で、およそ7時間から8時間、
  次は炭水化物の2時間から4時間、果物は30分しか滞在しません。
  マラソンランナーは試合直前に消化のいいバナナを食べるのがよく分かりました。
 
  しかし現代人は時間に追われているため、朝ご飯と昼ご飯は簡単に済ませて、夜ご飯は
  カロリーの高い肉などを食べています。脂質は一番消化するのに時間がかかり、
  遅くまで胃を働かせているため、睡眠の質にも悪い影響を与えてしまうことになります。
  健康維持のためには、この習慣から改善していく必要があります。
 
  次に小腸に送られてきたかゆ状になった食塊は、小腸の中の平滑筋の運動により胆汁、
  膵液や腸液などの消化液と混和されます。十二指腸腺、腸線から一日
  およそ1,500~3,000ml分泌される弱アルカリ性の消化液で食べ物を分解します。
  そして中和された食塊は小腸から大腸へと移送され、大腸では小腸で吸収された
  残り物から水分を吸収し、糞便を形成し排泄します。

    以前読売新聞主催によるイネス先生の「腸の力」のセミナーに参加し、
  先生から体の司令塔は脳ではなく腸であるということを聞いた時のことを思い出しました。
  腸の働きで人間の思考力が左右され、腸を鍛えれば脳も鍛えられると聞き、
  とても驚きました。
  その後セミナーで先生から教えて頂いた方法で3ヶ月を実践したところ体調が
  すっかり良くなり、長年悩まされた耳鳴りも消えたのです。
 
    私たちは情報社会に生きていて、メディアからの影響をたくさん受けています。
  宣伝されている体によい食べ物でも自分の体質に合うかどうか、
  よく考えなければなりません。
  食べ方、食べ合わせによっては、逆効果になる場合もあります。
  ですから、私たちは常に新しい情報と正しい知識を身につけなければならないのです。

    私たちの消化系統の器官の中で他に大事な役割を担っているものに肝臓があります。
  肝臓は栄養の処理、貯蔵、中毒性物質の解毒、分解、排泄、血液状態の調節、
  胆汁の分泌、身体防衛作用など様々な大切な働きがあります。
  肝臓ではたくさんの酵素が働いていて取り込んだ栄養素を代謝しています。
  代謝された栄養素を血液の中に放出したり、肝臓に蓄えたりします。
  肝臓には栄養素だけでなく、食品添加物や薬物や細菌なども流れ込むので、
  これらを分解して、無毒化する働きもしています。
 
    胆嚢は肝臓の下面につき、胆汁を貯蔵していますが。胆汁は食べ物の脂肪の
  消化吸収を間接的に促進します。胆嚢の修復時間も夜の11時からなので、
  早く寝ることは健康維持の鍵となります。
 
    膵臓は消化腺であり、内分泌腺でもあります。糖質分解酵素、蛋白質分解酵素、
  脂質分解酵素などの膵液中の消化酵素が分泌されています。
  また、これらの臓器と外部を区分するための腹膜が形成されています。
  腹膜は漿膜よりできており、壁側腹膜と臓側腹膜とが区別され、
  両者の間は腔となっています、これを腹膜腔と言いますが、
  これがないと両者が癒着してしまいます。

    消化器系の器官はそれぞれが役割を分担しながら栄養素を消化吸収し、
  不必要な物を排泄するという統一的な生命活動に欠かせない働きを司っていることが
  この講義を通じてよく解りました。

    一つの臓器が不調になるとほかの臓器も負の影響を受けるので、
    普段の生活の中で体のサインを見逃さず早めのケアが大事です。

    体調を健康維持するために、正しい食生活、良い生活習慣、心の持ち方を
       常に意識して行動しなくてはいけないと改めて強く感じました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gcaaroma

Author:gcaaroma
福岡県出身。
英国伯爵イネス家へ嫁ぎ、英国ギルフォード在住。自ら幼少の頃より病弱で“人並みに生きたい!”と強い願望の中、
英国の友人(医師)からもらった一冊の本(医学アロマセラピー)をきっかけに
自己免疫強化の重要性を知りアロマセラピストを目指す
現在は英国を拠点に日本へ最新の情報を運び、
米国や香港でも開講する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR