英国メディカルベーシックアドバイザーコース 日程のお知らせ

      
                        
          ≪日程変更のお知らせ≫
            講義日程は
  
 6月10日(土)、11日(日)、24日(土)と変更になりました!


     2017年6月英国メディカルベーシックアドバイザーコース開催
       現在まで100人以上の生徒さんが卒業されました

                                       ベーシック 2017.6


       
スポンサーサイト

医療従事者から見るアロマサイエンス


          【 イネス アロマサイエンス講義を受講して】

  私は、GCA にて『ラベンダー』『ティートリー』のアロマサイエンスを受講しました。

   古代より人体に使用され、今では、その効能効果が分析され、臨床的に実証
  されていることを知りました。1つの精油だけでたくさんの効能があり、
 何故そのような効果が出るのかと思い主化学成分を見てみました。
 するとそこから『こんな症状のクライアントにこの精油を併せると良いのではないか』
 そういった考えが広がっていきました。
 また、主化学成分の効果だけではなく、その他たくさんの成分の混合により
 幅広い効能があるのだと思いました。そして、その精油の産まれ育った環境により
 同じ精油でも成分の配合や割合が変わり、香りも効果も変わってくる。
 西洋薬には、ないことです。でも、精油が自然のものだからこそ、現在分かってる以上に
 未知の効果が現れ私たちの細胞1つ1つに働きかけてくれるのだと思うと、
 『自然のパワーってすごい‼』と感じます。

   先日、転んで足に大きなコブが出来てしまいました。以前も同じようなことがあったので、
 今回は、アロマサイエンスで学んだラベンダーを腫れた部分に使用しました。
 翌日、痛みは、殆どなく青アザが、うっすら出来ているだけでした。
 2日間は、クリームにラベンダーとペパーミントを入れ、腫れ痛みの対策をしました。
 その後、酷くなること無く改善しました。今までは、湿布薬を貼って痛みを抑えていましたが、
 打撲の部位は目を背けたくなるくらいの真っ黒なアザになっていました。
 この違いに学んだ効果を実感でき感激しました。

  医療現場で働いている者として、必要に応じて西洋薬や精油を使い分け、
 取り入れていけるような環境作りをもっとしていきたいと思いました。
 多くの方に、健康な精神と身体作りの情報を発信していけるよう、
 もっとアロマサイエンスを学んでいきたいと思います。

                                  水町志保

アロマで紹介する≪TOEIC≫英語教科書


194046[1]

    「映画で学ぶ 英語を楽しむ English Delight of Movie English and TOEIC」
   (ミネルバ書房2015年発行)というテキストが全国の大学で使用されている。

     このテキストは、映画を素材として作られた英語の教科書であるが、
     医療系の大学でも多く使用されているものである。
     編者は歯科関係の大学の高瀬教授で、私が理事として所属している
    アメリカ映画文化学会と映画英語教育学会の会員の先生方が執筆者である。

    このテキストは16章で構成されており、16本以上の映画が紹介されている。
  各章は、それらの映画の中に登場する様々な文化的なものや政治的なものを取り上げ、
  英文で紹介され、素材である映画は新しいものだけを使ってある。

    その中には私イネス多恵子がアロマをテーマに執筆したチャプターがある。
  アメリカの映画「Spy Kids 4D;aa the Time in the World」の中に登場するアロマ兵器を
  取り上げて、アロマについて解説しており、アロマをダイレクトに紹介するのではなく、
  誰もが興味を持つ映画を使って、間接的にアロマに関心を抱かせるという
  面白いアプローチを取っている。

    英語を映画で学び、おまけにこのテキストを使用している若い学生に
    アロマに興味を持たることができそうだ。



英国ロイヤルフリー病院 特別講座&実習のお知らせ

                                  キースハント氏フライヤー 縮小 2017 4

   
             【 英国ロイヤルフリー病院にてキースハント氏とセラピーチーム】
              P1010470_convert_20170417021810.jpg

『腸は第2の脳』 よみうり文化センター

20170303.jpg

実技と実感で学ぶ解剖生理学



     『解剖生理学を学ぶことは、自分が自身のからだの良き理解者になるため、
  またセラピストとして自分自身、クライアントの身体と疾患・問題のアセスメントと
  分析の仕方などを学習することは自他ともに重要です。

     今回はフィジカルセラピー学講師大島こずえ先生を招致し、
  過去に解剖生理学を学ばれた方も新たな学習として、学習経験がない方へも
  生きているからだの学習をします』

・今回の解剖生理学講義は、医師河合先生の講義に沿いまずは、自らの体を通して
 機能の働きを学び、からだの理解を深めることを目指します。

・骨や筋肉に実際に触れて、解剖学を身近なものとして、日常にも取り入れられる
 知識を学びます。

・教科書からだけでは理解しづらい、触診や動きの中から情報を収集し、
 評価・分析を行うポイントを学びます。

・筋、骨格系、呼吸など個々の知識が総合的に繋がるシステムを実技を入れながら
 実感することを目指します。

日時:3月5日(日曜日)10時~17時(1時間昼休み)
場所:GCA 2F
受講費:GCA学生メンバー、一般の減額価格があるためお問い合わせください。

お問い合わせとご予約は、GCA東原へご連絡ください。
Tel:07056997753
Mail:gca-school@yahoo.ne.jp

イネス多恵子のモテル&デキる女性


  
            P1000857_convert_20161226002105.jpg

                 mymoさんにお答えしました

                               
             彼氏がほしくて“モテ女”の秘訣を探っています。
          その一つに「良い香りがする」という共通点があるようですが、
     どんな香りが一体モテるの!? アロマセラピーの賢人、イネス先生、教えて〜!
     
                  〚下記をご覧ください〛
 http://mymo-ibank.com/encrypt/bzI5S1dqYm11MDhRRUpXdlMxeTJXQT09LS12QlRlVmkxS0h0azdVYkNodlIrWHRBPT0=--85afd369bb59d2f30708cbb6eb79ac8cc7f5fb9c

【英国ファースティング療法(自己免疫療法)】

 
             今回も定員を超える参加者と共に
          英国ファースティング療法は開催されました

     “誰でも元気で長生きしたい、できれば美しい細胞と共に若くて元気で長寿”を
   願っています。現代の生活習慣病である“がん・糖尿病・心臓疾患・アルツハイマーなど
  の難病である四大疾患の原因は解っているがその予防を、また疾患を患った身体を
  どのように『修復』して良いかが解らないのが現状です。
  今回は英国とアメリカの科学者と医者チームにより研究が続けられている
 「食のサイエンス」、身体が自ら予防と未病の自己修復を行い始める療法として既に
 教育され、英国放送(BBC)でも放映された内容を実践プログラム上で説明していきます。
 英国ではこのプログラムを『Gift of a healthy life』と呼ばれ究極の療法の一つです。

         thumbnail_IMG_20161126_132053[1]_convert_20161225222915
       4時間の講義は熱心な皆さんと共にあっという間に終わりました。

          〚下記、受講者の感想を記載します〛

     『今回初めて、ファ-スティングを受講しましたが
    最近はダイエット法とかで耳にした事はありますが
    医学データに基づく実証から、本来の目的が様々な病気の
    予防や改善につながることは、大変興味深かったです。

    ファ-スティングで身体機能にシグナルを送り、身体に危機感を与えることで
    眠っているシステムにスイッチを入れて、修復作用を自己の体内で治療が始まる
    ということにも驚きました。

    食のプログラムを組むことで予防と習慣、人体ケミカルである
    ホルモンの調整によりガン、糖尿病などの予防も理論を把握することで
    自身の健康を考えあわせる究極のプログラムとして実践していくべきだと
    思いました。

    食のプログラムをもっと、深く学び、健康な体づくりをまずは、自分自身
    そして、セラピストとしてもまわりの方々のお役に立てるように
    勉強したいと思いました。』

                              12期生 寺﨑

    『私にとって今回の講義を受けるまでファスティングは、痩せるための
   断食、血糖の高い人がコントロールするために行うというイメージでした。
   講義の中でがん・心疾患の発症低下や認知症の予防、精神疾患までをも
   緩和するというデータがある事はとても驚きました。

   私はこれまで健康や身体の不調を治すために何かを食べなくてはいけないと
   考えていました。
   “自分の身体が自分の身体を治療するにはどうしたらよいか”という言葉は
   とても印象的で、ファスティングを行う事で自分の身体の眠っているシステムに
   スイッチを入れる事が大切だと気付きました。

   食は人の健康の基盤であり、何をどの様に食べるかなどを今後、見直していく
   きっかけになりました。
   セラピストとして、これから自分や大切な家族、周りの人のため確かなデータに基づいた
   情報を得ていきたいと思います。
   今回、分かりやすく具体的な実践方法も教えていただき、
   ぜひ取り入れていきたいと思います。

                          11期生 永田(看護師)




Merry Christmas &


                Merry Christmas

             今年も残すところ1週間となりました。
           去年の今頃、来年は!と心描いていた夢は
             皆さんどれだけ達成できたでしょうか?

             夢って、思い描けば達成できる波動エネルギーを
             持っているって知っていましたか?

             それを知ったら、来年こそは!!!
  

           P1010220_convert_20161225211136.jpg
           クイーンからのクリスマススピーチがあった日
                        バッキンガム宮殿


           P1010202_convert_20161225210903.jpg

                 この日は家族で教会へ

           P1010356_convert_20161225211418.jpg

              今年のイギリスの冬は穏やかでリスもお庭へ
                    クリスマスのご挨拶

           P1010406_convert_20161225213306.jpg




サウンドセラピー《音楽療法》

 
        GCAでの波動学として、見えない気を感じることの学習のひとつである
           サウンドセラピーが浪越先生の講義で開催されました。

       カラーには波動(周波数)があること、自分の周波数に合ったカラーを選んで

          thumbnail_IMG_20161029_154858[1]_convert_20161220224115
                           
              [受講生の感想]
          音の周波数について興味があり
       今回、初めてGCAのサウンドセラピーを受講しました。
     色んな古風な楽器を初めて見て、実際に音を鳴らし、どれも素敵な
     可愛らしい音色で、癒されました。
     ある思いを持ち、楽器を鳴らすと楽器を通して音に伝わり空間を伝わること
     チャクラの調整や宇宙との調和を音を使って行うことの重要性を学びました。
     ボディワークでパートナーのエネルギーを感じたり、ただ音の波動を感じることで
     宇宙の全てと繋がっている一体感を実感として理解できたことは貴重な体験でした。 
                                      桝崎さん
                                               

        テーマでは、私達は何のために生まれてきたのか。
               と書かれていりました。
      私にとって凄くそれがずっとキーワードで模索しながら、探求しながら
      人生を送っています。

     今回、サウンドセラピーを受講したきっかけで、音叉、音、周波数、宇宙、
     なぜ病気になるのか、精神、前世、カルマなどもっと深く掘り下げて
     知りたいなと感じています。
     そして、今の段階で色々自分自身、気づきがあり、
     次のステージへいけると確信しています。       9期生 栗原さん
            
              IMG_5525[1]_convert_20161220223701

   好きな楽器を選んでといわれカリンバを手にしました。直観で選んだだけなのに
   好きな音だったのがとても不思議でした。
   バーチャイムでの演奏体験をはじめ、すべてのワークが面白かったのですが
   私が特に印象的だったのが、二人一組でエネルギーを送り合う作業やそれぞれの
   オーラの布を重ね合わせていく作業でした。二つともサウンドセラピーとは関係ない
   ワークのように素人目には思えたのですが、相手の気を受け取り自分の気を返すという
   作業を繰り返すことが心の調和を取るためにとても必要であると実践していくうちに
   自然とわかった気がしました。音を奏でる時や、その音を受け取る際も同様に
   考えるとよいということでしょうか。
   先生のお話の中にあったきれいな日本語を使いましょうというように、
   普段の何気ない会話の中でもきっとこのやりとりは大切だと言えるということでしょうか。

   サウンドセラピーが、単に楽器を弾いたり聴いたりすることではなく波動とも深
   く関係していることを知り、より興味を持ちました。         西岡ちえさん

              浪越先生、ありがとうございました。
              来年の講義を楽しみにしています。

プロフィール

gcaaroma

Author:gcaaroma
福岡県出身。
英国伯爵イネス家へ嫁ぎ、英国ギルフォード在住。自ら幼少の頃より病弱で“人並みに生きたい!”と強い願望の中、
英国の友人(医師)からもらった一冊の本(医学アロマセラピー)をきっかけに
自己免疫強化の重要性を知りアロマセラピストを目指す
現在は英国を拠点に日本へ最新の情報を運び、
米国や香港でも開講する。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR